忍者ブログ

うん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

比率


1ページ内に、上位表示させたいキーワードを埋め込むことは大切なことです。ですが、物事にはバランスというものがあります。1ページ内のバランスを考えたうえで、キーワードの出現頻度、比率を考えて構成しなくてはなりません。文字数が100字以内なのに。キーワードを8回以上出現させたら明らかに不自然です。文章も多分・・・いや、絶対におかしなことになっているはずです^^;。上位表示させたい気w-あーどをできるだけたくさん出現させたいのであれば、文字数を増やすことで解決できます。文字数を増やすのは大変なことです。400文字書くのでもうちの場合は大変なので、1,000文字以上なんて言われたらもう終わりですね(笑)。うちには無理ですが、1,000文字以上を難なくこなしている人もいますので、凄いですし尊敬です!!!。それも文字数1,000文字以上の記事を2~3日に1回、または一日一回更新しているの更にすごいと思います!!!。

トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
リンク鮮度スコアとリンクエイジスコア。エイジが上位安定,一位維持で重要。オールド被リンクを増やす
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
PR